【知らないと損する】使い捨てビニール手袋の選び方 

手袋オペ気分

白髪染めの時に手が汚れないようにするためのビニール手袋。

ビニール手袋は白髪染めを買った時に1セットついてますが、人によってはそれでは足りなくなる場合があります。

余分に家にあると役に立つのでストックすることをオススメします^^

 

ビニール手袋を別で買う理由

①白髪染めを何度かに分けて使う

白髪染めを一箱買って、2回に分けて使う時に手袋がそのぶん必要です。

髪の短い人が染めたり、部分的に染めたりと、クリームをたくさん使わずに残す場合には手袋がたくさんあった方が助かります。

 

②やぶれることもある

ごくまれにですが、白髪染めクリームのチューブの角で手袋をやぶってしまうことがあります。角が尖ってるんですよ。

あとは、爪で破いてしまうこともあるかもしれません。

気をつけながらなら大丈夫だとは思いますが、付属の1セットしかないとやぶれた時にかなりショックですよ!

心の余裕のためにもストックがある方がいいです。

 

どこで買うの?

スーパーやドラッグストアでもいいですが値段が高いです。200枚で700円とかします。

100円ショップの方が安く買えますよ。50枚~100枚で100円です。

業務スーパーにも安いものが売っているので近所にある場合は要チェックです。

 

枚数だけでなく質感も大事なので、きちんと選んだ方がいいです。

私は100枚100円の激安商品を100円ショップで買ったところ、ゴムみたいな生地で肌にピトピトくっつくのが嫌だったことがありました。

 

手袋の種類

白髪染めを買うとよくついている手袋は「ポリエチレンの外エンボス加工」の手袋です。

 

見本の商品リンクも貼っておきますが、商品代金100円に対して送料が600円くらいかかるのでオススメしません。前述のとおり近所で買うのがいいと思います。

 

ポリエチレン手袋

ポリエチレン手袋カタエンボス 100枚入 

  • 外エンボス加工
    外側がザラザラしていてくっつきにくい
  • 内エンボス加工
    内側がザラザラしていて着脱しやすい

 

よく白髪染めでついてくるのはコレ。1枚あたり1円~2円と安いのが特徴です。

 

白髪染めの時は無色透明の方が安くてオススメです。

青く色のついた手袋はスーパーの惣菜・弁当などの調理で使うものなので値段が高いです。

 

伸縮性はなく、サラサラした感触なので汗で手とくっつくことがありません。

 

あと、これを使うとシャンプーする時の泡立ちが良くなります。

人にもよるのでしょうが、慣れているからか私はコレは一番使いやすいです。

 

プラスチック手袋

プラスチック手袋 粉付L 100枚

  • 粉つき
    着脱しやすくするための粉がついていてサラサラする
  • 粉なし
    粉の代わりにくっつかないための特殊加工がされている

 

丈夫で安価なため清掃や工場などで使われます。

伸縮性はあまりなく、劣化しにくい特徴を持ちます。1枚あたり1.5円~3円。粉なしだともうちょっと高いです。

 

100均で私が買った使いづらい手袋はコレです。内側は汗や水などで手に貼りつくので、染める時やシャンプーの時に気持ち悪い思いをしました。毛染めには向かないと感じました。

 

 

ニトリル手袋

ニトリル手袋(粉なし) 100枚

簡単にいうと薄いゴム手袋です。耐久性に優れピッタリ手にくっつくのが特徴です。摩擦力が高いので物をしっかり握る時に使うとよいです。

 

生地が伸びてピッタリ手のサイズになるので細かい作業をする場合に便利です。

 

ちょっとお高めの1枚あたり7円~12円。使い捨てにするのはもったいないので、乾かして何度か使う方がいいかも。

 

 

ラテックス手袋

ラテックス 手袋 100枚入

医療の現場で使われることの多い、ピタッと肌に貼りつく手袋です。伸縮性が高く破れにくいのが特徴。指先をつかう細かい作業をする時に向いています。

 

天然ゴムアレルギーがある方は使えないデメリットもあります。

1枚あたり5円~10円。

 

 

さいごに

私の場合はポリエチレン外エンボス加工の手袋を使って、料理でお肉を切る時やハンバーグをこねる時に手袋を使ったり、手が汚れるような掃除で使ったりと、白髪染め以外のところでも大活躍しています。

 

ビニール手袋はそんなに高いものではないので買っておいてストックしておくと良いと思います。家に一箱おいておくといざという時に便利で安心です。

 

 

コメントを残す