白髪用カラートリートメントのパラベンって何?副作用・危険性は?

「パラベンって危険な成分なの?」

「副作用ってなに?」

「そもそも何の目的で使われてるの?」

 

パラベンフリーをうたっている化粧品があると、逆にパラベンってコワイものなのか不安になりますよね。

 

ここでは、白髪用カラートリートメントにも含まれるパラベンが何なのか、危険性や副作用はあるのかなどを説明していきます。

 

 

パラベンって何の目的で使われるもの?

パラベンは、防腐剤として使われるものです。

パラベンには抗菌作用があって、カビが生えにくくしたり腐らないようにする目的で使われます。

 

空気中に含まれるカビ菌や微生物がカラートリートメントに付着すると、そこからどんどん菌が繁殖していきます。

無菌状態で作られた食品でも開封後に腐ったりカビが生えるのと同じ原理です。

 

それを、微生物が嫌がる微量の殺菌効果がある成分を使うことで長期保存可能にするのがパラベンなどの保存料を使う目的です。

 

 

パラベンの危険性は?副作用はある?

世の中にパラベンフリーとうたう商品があるからには、パラベンが毒のあるものだと思ってしまいますよね。

 

パラベンはたしかに毒です。

微生物を殺菌する力があるわけですから。

 

でも人体には悪影響はないとされています。

体の大きさが違うので、人には悪影響が出る可能性は低いとしています。

 

パラベンを使用している化粧品では、配合率の調整もされていて大量に使用しないようにしています。

これは厚生労働省で定められた「化粧品基準」によって使用量の上限は1%までと決められていて、現在販売されているものはその基準に従って許可を得た上で発売されています。

参考リンク:化粧品基準-厚生労働省

 

そのためパラベンを使った化粧品の安全性は高く、現在も多くの商品で採用されています。

 

ただし、これは健康な体の人への影響のようです。

次のような人はトラブルになる可能性があるので注意した方がいいです・・・。

 

 

肌が弱い人・傷がある時のパラペン使用は要注意!

パラベンは健康な人が使うには全く問題がない反面、恐い一面も持っています。

 

皮膚の弱い方や、乾燥肌の方、傷がある時に使う場合は肌トラブルに合う可能性があります。

肌の表面が荒れていたり、傷で皮膚の内側がむき出しになっている状態だと、パラベンの成分が入り込んで悪影響を及ぼす可能性が高まります。

中にはパラベンによるアレルギー反応が起きてしまう人もいます。

 

パラベンにもいろんな種類があって、毒性の少ないものから殺菌力が高くてその分危険性が高いものまでいろいろあります。

でも覚えるのが大変!という方は、パラベンフリーのものを選ぶのが手っ取り早いです。

 

「できるだけ肌トラブルを避けたい」「少しでも可能性を減らしたい」という方もパラベンフリーを選ぶといいですね。

でもまあ、パラベンフリーをうたっていても他の成分でアレルギー反応をおこしたりしては元も子もないですから、成分表示はしっかり見ないといけませんよね。

 

 

危険な可能性があるのにパラベンを使うのはなぜ?

乾燥肌や肌荒れしやすい方がパラベンを使うと肌トラブルになる可能性があることは分かりました。

では、なぜ危険性・副作用があっても使用する商品・メーカーがあるのでしょうか??

 

それは結論から言うと、安いからです。

 

抗菌作用を持つ成分はいろいろありますが、毒性が強かったり効果が弱かったりといろいろです。

そんな中でも、パラベンは抗菌作用を持ちつつ安全性が比較的高いということで、幅広く使われるようになりました。

そしてなにより使われる理由が安価だからなんですね。

 

価格が安い商品ほど、このパラベンを使っている傾向があります。

消費者が「できるだけ安いものを」を求めるので、少々の危険性があったとしてもパラベンを使用して期待に応えようとするわけです。

 

市販の白髪用カラートリートメントは800円前後で販売されていますが、成分表示を見てみるとパラベンを使っていたり、香料を使用して安価な成分の臭みを取ろうとしていたりと、何かしらごまかしを使っています。

 

ジアミンに関しても使われる理由は同じですね。

ジアミンとは、市販の白髪染めヘアカラーに入っている染料で、白髪染めでアレルギーになる原因となるかなり危険な成分です。

 

でもジアミンが入っていることによって、誰でも簡単に自宅で白髪染めができるようになるので、アレルギーになる前までは使う人が多いです。

これも消費者から「安くてしっかり染まる白髪染めが欲しい」という要望を受けて作られたものです。

 

できるだけコストをおさえて簡単キレイにと、欲張って全てを求めると危険な落とし穴があるということですね・・・。

 

 

パラベンフリーで肌にやさしい白髪染めトリートメント

パラベンフリーで刺激性が低く、さらに香料不使用・ジアミン不使用・鉱物油不使用などの無添加にこだわった白髪用カラートリートメントがあるんですよ。

それがこちら。

マイナチュレオールインワンカラートリートメント」!

 

  • 合成香料フリー
  • シリコンフリー
  • 鉱物油フリー
  • パラペンフリー
  • ジアミン系染料フリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • サルフェートフリー
  • 法定タール色素フリー

徹底的に無添加にこだわって、さらに植物由来原料を約94%使用した自然派の白髪染めで、2018年3月に新登場した最新の白髪用カラートリートメントなんです。

 

それでいて『しっかり染まる』と利用者から高評価を受けています。

私たちが今まで抱いていたカラートリートメントの不満を解消するために開発したんだそうですよ。

 

マイナチュレカラートリートメントの商品詳細はこちら

マイナチュレカラートリートメント公式サイト

 

 

私も実際に購入して使ってみてこの通り。

 

光の当たり具合によって髪色は違ってみてますが、使用前と比べてハッキリ白髪部分が染まったのが分かりますよね^^

 

最初は3日間の連続使用がオススメです♪

その後は1週間に1度の使用でよくなるので手間が減ります。

 

ちなみに私が買ったのは2種類のカラーバリエーションのうちのダークブラウンです。

黒髪の方や自然な茶髪の方はダークブラウン、

明るく染めている方はブラウンが良いと思います。

 

私は肌が弱くてすぐに赤くなったりかゆくなったりする体質ですが、マイナチュレでは肌のピリピリ感はなくて肌トラブルなく使えました♪

 

市販の白髪染めでは、ジアミン系染料を使っていてアレルギーになりやすかったり、カラートリートメントでもパラベンを使っているものもあって、不安という方にはオススメの商品ですよ。

 

 

でも、少しデメリットを挙げるとすると、ちょっとお値段が市販のカラートリートメントよりも高めということ。

ドラッグストア・薬局などで販売しているカラートリートメントは800円前後なのに対して、マイナチュレカラートリートメントは1本3980円します。。。

 

 

「え~!5倍近くもするの?!」

と驚くのも仕方ないです・・・(^^;

 

やっぱり、健康に良いものは成分にこだわって作られているのでお値段もそれに見合った金額になってしまいます…。

 

でもこんな風に考えてみませんか?

もし、パラベンやジアミンを使用した安価な白髪染めを使い続けて、自分がアレルギーになってしまったら。

 

もう安い白髪染めを使うことは二度とできなくなりますし、なにより最初の症状発症でかぶれて髪がほとんど抜け落ちてしまうこともあります。

アレルギーを発症した人の話では、半年~1年かけて治療しないと、赤くかゆくなった頭皮が治らなかったということもあるそうです。

想像しただけでも恐いですよね。

 

「私は健康だから大丈夫」

私もそう思っていた時期がありました。

誰にでもアレルギーになる可能性はあるんですよ。

 

そんな肌トラブルと無縁の生活を送れる。

そのためのお値段だと思うと、少し気持ちが和らぎます。

 

 

マイナチュレカラートリートメントの公式サイトはこちら

マイナチュレカラートリートメント公式サイト

 

 

さいごに【※必見※】

最後に、ここまで読んでくださった方だけにこっそりお伝えしたいことがあります。

 

マイナチュレカラートリートメントには『値段を安くおさえて手に入れる5つの裏技』が存在します…!!

 

「値段が高いからちょっと・・・」と思う方は、こちらのページをぜひご覧になってください♪

マイナチュレカラートリートメントを安くお得にGETする5つの裏技

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)